☆満員御礼☆「少しの工夫で家族に笑顔を!」重ね煮料理レッスン&ランチ会


【9月3日(土) 11:00〜14:00 開催】

「少しの工夫で家族に笑顔を!」重ね煮料理レッスン&ランチ会 ~しごとも料理も、家族との時間も、楽しもう!~

毎日の料理にはそこまで時間がかけられないけれども、時短で美味しく健康的な料理を作りたい。お子さんや家族には出来る限り安全なものを食べてもらいたい。そんな方にオススメの重ね煮を、皆さんで学んでみませんか?

「重ね煮」とは、野菜本来の性質を活用しつつ、お野菜、そして少量のお肉などを重ねて、じっくり煮込む料理手法のこと。
ベースとなる重ね煮パターンをアレンジすることで、色々なおかず、混ぜご飯、デザートを短時間に作ることができます。じっくり煮込む・・・と聞くと、時間や手間がかかり、ハードルが高そうなイメージを持たれるかもしれませんが、意外に簡単。週末にちょっと重ね煮するだけで、1週間の献立のバリエーションが広がります。

時短&美味しい料理を学びたい方にはもちろんですが、日常を離れた空間で、手仕事に集中しながら穏やかなひと時を過ごしたい方にもおススメな企画です。
料理の後は、皆さんで作った料理を頂きます。出来立ての料理を囲み、一緒に楽しい時を過ごしませんか?

今年3月に、ママのためのセカンドスクール東京ワーキングママ大学のアルムナイ会(卒業生組織)の皆さんと一緒に企画開催した重ね煮レッスン、大好評につき、今回が2回目の開催となります。
※前回のイベント情報はこちら:「ママのための時短料理」重ね煮料理レッスン&ランチ会

■メニュー

今回は、ベースの重ね煮パターン「しいたま人参(しいたけ、玉ねぎ、人参)」と以下のアレンジメニューを学びます。

●鶏肉エビチリ風(お子さんでも食べられる辛くないエビチリ風です)
●おからサラダ味噌ゴマ風味
●キャベツ昆布の塩麹和え
●ひじきのちらし寿司
●お味噌汁
●プチデザート
※献立は多少の変更が入る可能性があります。

13619858_1061505850609061_114536469432727683_n

■開催日時:

2016年9月3日(土)11:00〜14:00(受付10:40〜)
<タイムテーブル>
10:40 受付開始
11:00-14:00 重ね煮講座、試食、懇親会
14:00 後片付け
14:30 イベント終了

■場所:

株式会社エスキャリア(JR代々木駅徒歩8分程度、小田急線参宮橋3分程度)
住所:東京都渋谷区代々木3-45-8 11号室  地図リンク
TEL:03-6885-6535

■参加費:

大人お1人=4,500円 
お子様お1人=1,000円

※お子様は5歳以上を対象、お子様もレッスンに参加できます。(それ以外で参加を希望される方は一度ご相談ください。また、お食事のみを希望される方もご相談ください。)
※お子様のランチメニューは大人と基本的には同じです。
※アレルギーに配慮する食材がありましたら、事前にお知らせください。

■託児:

今回は託児はございません。
※5歳以上のお子様は、一緒にレッスンにご参加いただけます。包丁を扱いますので、ご了承のうえ参加ください。
※5歳未満のお子様をお連れいただいても問題ございませんが、レッスンにご参加いただけず、託児がないため、ご自身で見守りいただくようお願いいたします。ランチはご希望により、大人と同じメニューでご用意可能です。

■持ち物:

使い慣れた包丁、小さめのまな板、エプロン、ふきん1枚、筆記用具

■お申込み方法:

alumni@wmaj.orgにメールにてお申込みください。
参加ご希望の方は、氏名・連絡先を記載してメールをお送りください。
※お子様も同行される場合は、年齢と同行種類を記入ください。
※定員に達し次第締め切りさせていただきます。

■お支払い方法:

当日現金にてお支払をお願いします。お釣りの無いようご協力ください。

■キャンセル規定:

食材などの事前準備の関係で、キャンセル規定を設けております。ご理解下さい。
※キャンセルされたい場合は、なるべく早くalumni@wmaj.orgまでメールを下さい。
※キャンセル料(1週間前以降のキャンセルは、こちらから指定した銀行口座にキャンセル料をお振込いただきます。)
1週間前⇒50%
3日前⇒70%
前日・当日⇒100%

13680912_867853703321005_3006269110492632788_n
1927872_1273175929364304_6486304214301730054_n※写真はイメージです

■講師紹介

橋口加奈子

素焼きタイル(スペインタイル)絵付け作家・講師。
素焼きタイル絵付け教室Lotostile主宰。幼い頃より、母に食の大切さを教えられる。第2子がアトピーだったことをきっかけに、アロマセラピーや免疫学、自然療法、自然食に興味を持つ。

2010年に重ね煮に出会い、重ね煮カフェでスタッフをしながら学ぶ。体に良いということに加えて、何よりも食事作りがぐんと楽になったため、日々の食生活に欠かせないものとなったが、いつしか自分や家族の体調に変化が現れ、「食べたもので体は作られる」ということを実感。

その後、岡山の重ね煮と自然食の宿「わら」を訪れ、オーナーであり自然食料理人である船越康弘氏と出会い、自然に感謝し、野菜とていねいに向き合うことの大切さを体感。

家族のためだけではなく、調理をしながら、実は自らが癒されていることに気づく。家族の健康を守るのは家族のお母さん。毎日忙しく過ごしている主婦にこそ、重ね煮の調理法を知ってほしいと重ね煮料理教室を開始。

それぞれのご家庭に合った方法で、無理なく重ね煮を取り入れていただけたら嬉しいです。

前回参加者からの感想を一部ご紹介!

・お野菜に丁寧に向き合い、じっくり時間をかけてあげると、こんなにも優しい気持ちになれるんだと感じました。お味もとても美味しく、同じ物を使ってもこんなにもレパートリーが広がり、毎日飽きないなんて素敵です。重ね煮を日々の生活に取り入れることで、自分のための時間を持つことができ、結果としてとても豊かな気持ちで過ごせるんだなあと思いました。

・お子さんのアトピーで工夫された講師の方だったので、砂糖や卵を使わないアレンジをたくさん聞けて良かったです。

・帰ってから早速手持ちのお鍋で作ってみました。たくさんのお野菜を取って、発酵生の麹も沢山入っているせいか、体調が良くなってきました。

・化学調味料、添加物無しの重ね煮が冷蔵庫にあると、短時間で身体にいいメニューが何品も作れます。買ってきたお弁当に、5分で作れる重ね煮のお味噌汁を合わせるだけでもお野菜がたくさんとれてホッとします。

・重ね煮は単なる調理法と思って参加しましたが、『たいせつなお命ちょうだいします』といったまごころを表現する、いきものとしてたいせつな考え方。野菜の自然の性質を利用して、根っこや皮、アクもできるだけ取らず、少しの塩だけで料理するから、結果的に簡単で体に優しいお料理でした。