転職する?しない?に悩んだら ~振り返ってみるべき事とは~


転職をするか、しないか。。一度は悩んだことがあるという方、多いのではないでしょうか。転職支援の面談には、当然、転職をする決意をされた方が多くいらっしゃいますが、中には「迷っているので、とりあえず面談して話を聞いてもらいたい」という方もおられます。

人それぞれ、悩みは異なりますが、今回は、中でも一般的な悩みをピックアップし、どういう風に考え、行動するのが良いのか、まとめてみました。あくまでも、一例ですので、転職をするかどうか、最終的なご決断の参考になれば幸いです。

a193d62fb98102a21fa17b823ff7fef8_s

◎「人間関係」で悩んでいる場合

非常に多い悩みですね。前向きなご転職理由のウラにも、人間関係にまつわる理由が隠れている場合もあります。今まで悩んだことがないという方のほうがめずらしいでしょう。

人間関係が原因で、精神的に参ってしまい、会社に足も運べなくなるほど程度が重ければ、無理をせず、転職エージェントやご家族、上司や同僚、ご友人などとしっかり相談した上でご転職をされるのが得策です。ただ、今まで何度か転職をされ、どの企業でも、常に人間関係で悩んでいるようであれば、要注意です。

また転職をしても、同じことが起こる可能性があります。他の会社に行っても、気の合う方と仕事ができるという保証はありません。そんな場合はまず「自分」を振り返ってみましょう。他人の行動は、自分次第でいくらでも変わります。例えば、苦手な方に対して、気持ちよく「ありがとう!」といつも以上に伝えてみるだけでも、自分の心も変化し、相手も変わってくれる、なんてこともあります。まず、その場から逃げることを考えるのではなく、自分で努力して解決できるところがないか、ご転職を決意する前にまず振り返ってみましょう。

もちろん、そんなことでは状況が変わらない場合もあると思います。その場合は、部署の異動なども含め、上司に相談し、助けを求めること、それでもうまく行かない場合は、次にやりたいことをしっかり決めて、前向きに転職活動を始めることも良いでしょう。

◎給与について悩んでいる場合

基本的に、採用の際は、現職の年収を聞かれ、それと同じ年収を考慮して給与を提示されます。まだ入社もしていない方に、現職以上の年収を提示するのは、企業としても少しリスクがありますね。企業としては、まずは「お手並み拝見」というのが本音かもしれません。

給与アップを狙って転職活動をするなら、それ相応に自己分析をした上で、面接ごとに自己アピールの内容を考える必要があります。その上で、強い志望動機と、いかに自分が即戦力になり期待以上の成果が出せるかを、面接時に証明することが最低限必要になるでしょう。

しっかりと覚悟して臨みましょう。もちろん、1人で悩まずに、業界や企業、給与アップのための転職活動、面接対策に詳しい転職エージェントに相談しながらすすめることをおすすめします。

◎残業や休日出勤が多い

本当にやりたい仕事で、目標が明確にあれば、一時的な残業や休日出勤も、苦にならないという方はいるでしょう。ただ、人間は、生理学的にも、健康な社会生活を営むためには、休息の時間や睡眠の時間、規則正しい生活は不可欠なものです。健康を損ない、いつも疲れている状態の人生、それは誰も望んではいないでしょう。

ただ、もともと、自分の仕事の効率が遅いことが理由で残業や休日出勤を行っている場合は、いかに効率よく仕事を行うか、ご自身の意識改革や工夫といった努力は必要です。ご自身でも力の及ばない部分が原因であれば、転職を検討し始めてもいいでしょう。

人生は、この一瞬一瞬も確実に進んでいます。もっと大事なことや大切にしたいものがあるなら、その優先順位を決めた上で、新しい転職先を探すことも一つおすすめいたします。

10063768573_9bff067758_h

以上です。いかがでしたでしょうか。今回お話ししたのは、ほんの一例です。皆さんの状況や、生活において大事なこと、ライフステージに合わせて、転職するべき時、そうでない時は変わると思います。転職をするか、しないかで悩み、自分で判断ができなければ、まずはプロの転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

■転職支援ご利用者インタビュー:石岡様(安定した環境から抜ける決意をした転職)
■転職支援ご利用者インタビュー:下島様(子育て中のママ、復帰と同時に転職)
■エスキャリア転職支援「es-Agent」:よくあるご質問