Column Category
コラムカテゴリ

女性のリーダー・管理職研修のあるべき論・・・?


こんにちは!エスキャリア土屋です。
私の尊敬する人の一人に、94歳の現役人事コンサルタント梅嶋みよさんという方がいます。彼女の本やコラムは今でも愛読しているのですが、梅島先生が立ち上げから携わり、社長まで務めた人材育成会社「株式会社マネジメントサービスセンター」が、なんと代々木にあるエスキャリオフィスのご近所であったことを最近になって初めて知りました。

こんなにご近所なのであれば、是非一度梅島先生に直接お会いし、働く女性の生き様についてお話を伺いたい!という今年中の目標ができました(笑)。

さて、そんな梅島先生が長年取り組まれてきている「リーダー・管理職研修」。特に女性を対象にしたものは、私たちエスキャリアも2016年の女性活躍推進法の施行以来、様々な企業様からご相談をいただいてきました。

女性活躍推進法に基づき、行動指針をつくられている企業様であれば、何かしらの取り組みを企画検討されているかとは思いますが、「正解」がないテーマなので、どんな研修、取り組みをしていいのか迷う企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちエスキャリアでは、ポリシーとしている「自分らしさ」を、ここでももちろん大切にしながら、「女性向け管理職研修」をご提案させていただいています。

そもそも、この女性活躍推進法の趣旨は、『労働力が足りなくなる日本において、バリバリと女性も働け!管理職になるんだ!』というものではありません。

「管理職研修」というと、多くの女性は『なりたくもない管理職に無理やりやらされるのでは・・・』という嫌悪感を感じます。リーダーという言葉も、まだ牽引型の印象が強く、率先してやりたがる女性は少ないように感じます。

私たちが提供している教育プログラムは、これまでの管理職やリーダーのあるべき論に当てはめるのではなく、『一人ひとりの強みを見つけ、それを磨くことで影響力を発揮していくきっかけづくり』です。

そんな「私らしいリーダー」を目指す研修のポイントは、『自分の強み・特徴を把握し、それを活かした組織内影響力の発揮方法を知ること』。そのために、自己内省+他者からのフィードバックを行います。他者とのダイアログ(対話)を通し、自分自身の行いにフィードバックを得ることが女性同士の場において重要です。

真面目で責任感の強い女性に多く見られる特徴として、他人のことはしっかり観察し、褒めたり、いいところを見つけたりできるのにもかかわらず、自分自身のことになると、「私なんてまだまだ・・・」ととても謙虚に、遠慮がちになる側面があります。

研修で女性だけの場を作ること自体がどうなのか、という観点もありますが、褒め上手な女性同士だけの安心安全な場を作り、相互にFBさせていくことは、女性たち一人ひとりの自己肯定感を醸成する上でも非常に有効であると感じています。

エスキャリア社内でも、ストレングスファインダーというアセスメントを使って、一人ひとりの強みを認識し、それを活用していく評価スタイルをとっていますが、他社様にご提案する研修やワークショップにおいてもポリシーは変わりません。

一人ひとりが自分の強みや特徴を認識し、それを生かすように意識し、自分らしい影響力を強めていく。これこそが、『リーダーシップ≒自分らしい影響力』なんだとメッセージを送っています。

リーダーという言葉のイメージに引っ張られ、苦手意識を持つ女性は多いですが、受講いただいた企業の女性たちからは、
『リーダーって、皆を引っ張るだけじゃないんだ。支えるのもアリなんだ』
『足りないものを身につけるのではなく、自分のもともと持っているものを伸ばせばいいという考え方は、気持ちが楽になった』
『リーダーの印象が変わり、やってみてもいいなという気持ちになった』
など嬉しい声を聞くことができています。

是非一度、エスキャリアに女性のキャリアプラン、リーダー育成についてご相談ください。御社らしい女性社員の育成と定着に向けてご提案させていただきます!

本件および研修についてのお問い合わせはこちら


この4月~5月にかけては、代々木ご近所のIT企業様、エンライズコーポレーション様にて、研修を実施させていただきました様子をブログにてアップいただいておりますので是非こちらもご覧ください。


あなたのお悩みをまるごと受け止め、
新たな一歩へとプロが後押しします。
仕事のこと、家族のこと、生活のこと…
女性の悩みの理由は、ひとつだけじゃない。
友達にも、家族にも、上司にも、エージェントにも
相談したけど、モヤモヤのまま。
何もかもまるごと全部、プロに相談したい。
そんなあなたに、
女性キャリアカウンセラー(国家資格キャリアコンサルタント)
が徹底的に寄り添い、
新たな一歩へと力強く後押ししています。